プチプラ大好きでも大丈夫!アラフォーがぼやく
*
ホーム > エリア > タイミングを見極めよう

タイミングを見極めよう

いよいよエントリーする時という場合には、一番に事前準備を横着してはいけません。

トレードを行う前ならば、その物を客観的に見ることのできる余裕がある。

 

だけれども、一度売買の内側へ飛び込んでしまうと、どう工夫しても捉え方が自分勝手なものになる事が多く真っ当な状況判断ができなくなるリスクを負います。

 

それゆえに己の考え方が冷静な場面で間違いない準備が不可欠です。

 

"事前準備"とは、最初は筋書きを記す事から始めます。

 

明日からの市場は下がる(または上がる)から、この通貨を取引するみたいなあなただけの台本を書いていきます。

 

次に日足チャートを確認しましょう。

 

為替レートの上下を調べて、今の価格を確認します。

 

そうすると、「今のところ割りに偏った状態にある」など、または「今となっては多数の人がエントリーしているから、これから急にエントリーしても今さらなすすべがない」などと判断できます。

 

当然ですがもうしかけるのが手遅れだなと思ったならば、何もせず、あきらめることか肝心です。

 

どうしても自分なりの脚本を譲らずに強引に取引すると市場に押し返されて逆にマイナスになる可能性があります。

 

とは言うもののたいがいの場合準備が出来ている自分のストーリー展開を考えていれば取引が間に合わないなということにはなりません。

 

おそらく、実際にマーケットが上げ下げする前の状況のはずだからです。

 

その次に取引しようと検討している通貨の動きを、見る事が必要です。

 

例えばドル高が進むであろうというストーリー展開を描いたのであればその通貨の推移に注目しておくことだ。

 

外国為替相場の上下動を確認し始めたときでは、まだ該当の外貨は推移する様子を見せることはなく上や下に細かい変化をしているだけでしょう。

 

だけど、その動きをきちんと気をつけているとあるところでゆっくりと、円安の方向へと為替相場が向い始めます。

 

このタイミングでいよいよ、ドル買いのトレードします。

 

基本的に、そこまで緻密に用意さえしておけば、その取引で勝つ確率は比較的高まります。

 


関連記事

タイミングを見極めよう
いよいよエントリーする時という場合には、一番に事前準備を横着してはいけません。 ...
戦略の必要性
免責不許可事由というのは自己破産手続きを申請した人を対象にこれこれのリストに含ま...