プチプラ大好きでも大丈夫!アラフォーがぼやく
*
ホーム > ニュース > 事前対策が必要

事前対策が必要

ようやく売買する時という段階では第一に事前対策を横着してはいけません。

売買を始める前ならば出来事を合理的に観察する事が出来ます。

 

だけれども、いったん相場の内側へ飛び込んでしまうと、何をしても見え方が自己中心的になりがちで、肝心な時に正しい状況がわからなくなるリスクがあります。

 

それゆえにあなたの頭が落ち着いている時に正しく準備が大切なのだ。

 

その"準備"のためには最初はあなたの台本を作成する事からスタートする。

 

未来の投資環境は下がる(または上がる)から、豪ドルを取引するみたいに、自らの台本を書いていきます。

 

次に大事なのは為替チャートを調べましょう。

 

以前のレートの上下を見つめて現時点の位置を確認する。

 

そうすれば、「結構行き過ぎた状況だ」など、そうでなければ「大方の方々が取引しているから、これから急にエントリーしても今となっては間に合わないな」ということが見えてくる。

 

もちろんエントリーするのが遅すぎるなと思っていたら何もせず、この状況では諦めることが大事です。

 

どう工夫してもあなたの筋書きを引き下げないで割り切らずに売買すると、外国為替市場に押し返されてしまい、かえって損失を被ることになるリスクがあります。

 

もっともたいがいの状況で、緻密な自らのストーリー展開を作り上げていると、エントリーがやりようがないというケースにはなりません。

 

具体的に外国為替市場が動意づく前の状態のはずだからです。

 

続いては、差し当たりとろうとする通貨の動きを、しっかりチェックすることが重要です。

 

例としてドル高が進むであろうというストーリー展開を作ったのであればその通貨の上下動に注意を払っておきます。

 

外国為替相場の推移をチェックし始めた段階では、ドルは明確に変動する雰囲気を見せず、ちょっとした変化をしているだけでしょう。

 

ところが、その上下動を正確に見ているとある状況で少しずつ、ドル高の方向へと為替相場が変化し始めます。

 

この場面でようやくドル円のトレードします。

http://roslbmym.anime-movie.net/

基本的に、そこまで事前の準備をやっておけばその注文で利益を上げる割合は割合高まるはずだ。

 


関連記事

薄毛になると自意識過剰になってしまいます
もし自分が薄毛になったらそのままにしておこうとは思いつつも、実際にはどうなのかま...
トレードを行う前に
ついに取引する時という状況では第一に事前準備をおろそかにしてはいけません。 トレ...
事前対策が必要
ようやく売買する時という段階では第一に事前対策を横着してはいけません。 売買を始...