プチプラ大好きでも大丈夫!アラフォーがぼやく
*
ホーム > ニュース > トレードを行う前に

トレードを行う前に

ついに取引する時という状況では第一に事前準備をおろそかにしてはいけません。

トレードを行う前であるならば、物事を合理的に調べる事ができるゆとりがあります。

 

だが、ひとたび相場の中へ踏み込んでしまうとどうあがいても見解が偏ったものになってしまいがちで、時として真っ当な状況判断ができなくなるリスクがあります。

 

そのためにあなたのメンタルが論理的なうちに間違いない準備する事が重要です。

 

その"準備"とは、あなただけのシナリオを描くことからスタートします。

 

明日からの投資環境はこうだから、NZドルを売る(あるいは買う)というふうに自分の物語を描いていきます。

 

次にチャートをチェックする事です。

 

それ以前の為替レートの上がり下がり見定めて、現在の相場を確かめます。

 

すると、「今現在は相当低すぎるレベルである」など、他には「もはやたくさんの投資家の方々が仕かけているから、これから先自分か売り(または買い)しても今さらやりようがない」などと分かってきます。

 

言うまでも無く今はもうエントリーするのが手遅れだなと感じたら、何もしないで、その場面ではすっぱりと吹っ切ることが大事です。

 

自分のシナリオを押し通そうとして無理やり新規エントリーすると、市場に跳ね返されてしまい、反対に損失を被ることになるリスクがあります。

 

ただしたいがいのケースで、用意周到に自分自身のシナリオを考えておけばエントリーが間に合わないなということにはなることはありません。

 

リアルに外国為替相場が上げ下げする前のはずだからです。

 

更に、差し当ってあなた自身がとろうとする売買ポジションの動きを、きちんと把握する事が必要です。

 

もしも、円安になると推測する筋書きを作ったのであればドル円の上下動に注目する事が大事です。

 

市場の上下動を注意を払い始めたときでは、まだ分かりやすく推移する気配を見せることなく、小さな変化を繰り返しているだけだろう。

 

しかしながら、その推移をじっと確認していると、あるポイントで着実に、円安へと動き始めます。

 

このタイミングでようやくドル買いの注文をします。

 

ここまで計画的に準偏を進めておけば、その取引で勝てる確率は相当高まります。

 


関連記事

薄毛になると自意識過剰になってしまいます
もし自分が薄毛になったらそのままにしておこうとは思いつつも、実際にはどうなのかま...
トレードを行う前に
ついに取引する時という状況では第一に事前準備をおろそかにしてはいけません。 トレ...
事前対策が必要
ようやく売買する時という段階では第一に事前対策を横着してはいけません。 売買を始...